社会保険を知ることで|研修コストが削減できるeラーニングシステム!業務時間外にも使える

研修コストが削減できるeラーニングシステム!業務時間外にも使える

メンズ

社会保険を知ることで

PCを触る人

給与を受給した従業員はその受給額によって所得税が課税されます。ただし支給方法を工夫することによって受給者が支払う所得税を節税することができます。それは交通費分を生かして支給するというものです。具体的には給与計算を行う際に交通費を額面に含めて計算している場合には、その給与計算を額面分及び交通費分に分けることによって交通費分だけ所得税の課税対象から除くことができます。通勤の際の交通費は所得税法9条によって非課税と規定されています。したがって従来交通費50,000円含めて額面350,000円で給与計算していた従業員が額面300,000円交通費50,000円で給与計算することで300,000円だけが所得税対象となります。

新たに従業員を雇う際に事業主が注意する点があります。それは額面金額だけでなく従業員を雇った際にかかる費用があるという点です。額面以外にかかるものとして代表的なものとして社会保険料があります。社会保険料とは健康保険料と厚生年金保険料からなるものです。これらの保険料は当然従業員も負担しますが事業主も負担する必要があります。それぞれ約半分ずつ保険料を負担する必要があります。したがって額面300,000円の給料を支給する従業員を雇った際には社会保険料として約10パーセント事業主が負担する必要があるため330,000円程度支出が発生すると考慮しておく必要があります。これ以外にも雇用保険料なども同様に事業主負担があります。このような給与計算は緻密な作業であり、ミスが許されない仕事でもあります。そのため、自社で行うと多くの労力と時間を要してしまいます。それを避けるために、計算を代行してくれる業者に依頼するのがおすすめです。業者はこのような計算の専門家なので、短時間かつ正確に給与を整理してくれます。これら業者を選ぶときは、実績を数多く持っているところがおすすめです。