雇用の変化がもたらす|研修コストが削減できるeラーニングシステム!業務時間外にも使える

研修コストが削減できるeラーニングシステム!業務時間外にも使える

メンズ

雇用の変化がもたらす

男女

ストレスは生産性を妨げる

今や会社は終身雇用ではなくなりました。会社と社員の契約は生産性に応じた雇用形態に変わっているのです。そのため社員は会社に対する帰属精神が薄れ、自分の能力を会社に買ってもらう事で高い報酬を得られるようになっています。会社側にとっても、常に売り上げや利益に貢献できる社員を抱えることができるため、メリットが多くなっています。社会的な変化により社員がストレスを抱える頻度が増加しています。ストレスが要因で病気になったり出社できなくなるケースも増加しているのです。行き過ぎた社会の傾向から会社は社員を大事にするための工夫を行っています。その一つがストレスチェックです。ストレスがある状態では、決して良い仕事をすることはできません。

社員は財産である

ストレスチェックは、ヒアリングなど簡単にできるものから、機械などを導入して数値化させるものまで幅広くあります。その中で多くの会社が導入しているのが、ヒアリングです。個人主義になり、成果主義になると会社の組織に所属しながらも孤独を感じることが多くなります。また成果を出すことが会社に所属する意味合いが強くなっていることからも、ストレスチェックは重要なのです。実際にストレスチェックを行うと大多数の社員がストレスを抱えていることが判明します。これは会社の生産性wにも大きく影響するため、休日を与えたり、適切な部署への異動などを行いストレス軽減に働きかけています。社員が財産と考える会社が少なくなっている現在において最も大事な取り組みなのです。